審美歯科

審美歯科の重要性

審美歯科は、歯の美しさを追求した治療で、多くの方は口元をきれいに見せることでお顔全体の印象まで改善します。また、歯に対するコンプレックスがなくなることで、自信にも繋がり、明るい笑顔が出やすくなるといったことも珍しくありません。当院では、歯の色や形だけでなく、歯茎まできれいに見せることを考慮した審美歯科治療を行っています。今のご自身の歯の見た目が少しでも気になるという方は、まずはお気軽にご相談ください。

ホワイトニング

ホワイトニングは、薬液によって歯の色を白くする施術です。当院内で歯科衛生士が実施するオフィスホワイトニングでは、患者さんの手間なく1日で歯を白くすることができますが、場合によっては知覚過敏が出てしまう可能性もあります。一方、ご自宅で実施して頂くホームホワイトニングは、まずマウスピースを作製して、それに薬液をつけて歯に装着することで、少しずつ歯を白くしていきます。歯が白くなるまでに時間がかかりますが、その分、後戻りもしにくいという特徴があります。

着色汚れとは?

赤ワイン、コーヒー、お茶、カレーなどをよく口にする方は、色素が歯に付着して、色が少しずつ変わっていってしまいます。また、加齢によって歯が黄ばむことや、遺伝によって歯の色が濁ってしまうこともあります。

ホワイトニングはなぜ歯が白くなる?

ホワイトニングの薬液には過酸化水素水と呼ばれる物質が入っており、これが歯の着色汚れを分解します。つまり、「削る」「溶かす」など、歯に直接ダメージを与えるわけではありませんので、安心してホワイトニングを受けて頂ければと思います。

ホワイトニングの注意点

以下の方はホワイトニングを受けられません。また、被せ物や詰め物を入れる治療を並行して受けている方は、ホワイトニングを受けるタイミングを間違えると、治療したところだけ色が浮いてしまうことになります。当院では、患者さんにとって最も良いホワイトニングの進め方をご提案しておりますので、少しでもご興味のある方はご相談ください。

ホワイトニングを受けられない方
  • 授乳されている方
  • 無カタラーゼ症の方
  • お口の中に何かしらのトラブルを抱えている方

詰め物・被せ物を使った治療

削った歯に取りつける詰め物や被せ物には様々な種類があります。当院では、患者さんとよく話し合い、最も良いと思われる選択肢を提示させて頂くようにしています。また、いずれの材質を用いる場合でも、できるだけ精密にお作りし、歯との隙間に細菌が入り込んで虫歯が再発するようなことがないようにしています。

オールセラミッククラウン

金属を使用せず、セラミック(陶器)のみで作られた被せ物です。透明感のある材質であるため、天然歯と同じようにきれいに仕上がります。また、変色や金属アレルギーの心配もありません。

メタルボンドクラウン

金属にセラミックを焼きつけて作った被せ物です。中心に金属があるため強度が増し、さらに金属が歯と接触することで適合度も高まります。費用対効果が高いのも大きな特徴です。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックの混合素材で作った被せ物です。オールセラミックよりも見た目のきれいさは劣りますが、柔らかいため破損しにくいのがメリットです。また、費用も比較的低く抑えることが可能です。

オールセラミックインレー

セラミックのみで作られた詰め物です。詰め物であっても、金属だけを使用するとお口を開けた時に目立ってしまうものです。特に下の奥歯に金属の詰め物が入っている方には、オールセラミックインレーがお勧めです。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとプラスチックから作られた詰め物です。金属アレルギーの心配がなく、色も透明感にやや欠けるものの、ある程度は白く仕上げることができます。

インプラントの不安を解消します 院長ブログ オフィシャルサイト