インプラント

インプラント治療の基本知識

歯が抜けてしまった時の治療方法には、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つがあります。入れ歯やブリッジは、残っている他の歯を支えにする一方で、インプラントは人工歯根を骨に埋め込み、自立した人工歯を取りつけることが可能です。近年は、インプラント治療に関するトラブルがメディアに取り上げられることもありますが、きちんと正確な診断をして、無理のない治療を行えば危険なものではありません。当院では、患者さんのお口の状態をしっかりと診させて頂いた上で、インプラント治療が可能かどうかを判断しています。

入れ歯、ブリッジ、インプラントの比較

 入れ歯ブリッジインプラント
見た目のきれいさ
部分入れ歯では、クラスプと呼ばれる金属のバネが見えてしまいます。

使用する材質にもよりますが、白く自然に仕上げることも可能です。

とても自然に仕上がり、治療したことが分からないほどです。
噛む力
固いものは噛めません。

ある程度固いものも噛むことができます。

人工歯根で支えられているため、しっかりと噛むことができます。
衛生状態
毎日取り外して洗浄しても、少しずつ取れない汚れが付着していきます。

浮いている歯の裏側に汚れが溜まりやすく、専用の器具を使ってお手入れする必要があります。

丁寧な歯磨きや定期的なメンテナンスは必要ですが、特に汚れが溜まりやすいといったことはありません。
耐久性
お口の中も入れ歯も少しずつ変形していき、次第に合わなくなっていきます。

2本の歯で3本分の力を支えることになるため、負担がかかって支えられなくなってしまうことがあります。

人工歯根は骨にしっかりとくっつくため、適切なメンテナンスを続けていれば、長く使用することができます。
他の歯への影響
他の歯にバネを引っ掛けて固定することがあり、負担をかけてしまいます。

支えにする歯にも被せ物を取りつけるため、健康な状態でも削らなければなりません。

人工歯根によって歯が支えられるため、他の歯に負担をかけません。
違和感
適合性の高い入れ歯を作っても、やはり少なからず違和感は残ってしまいます。

ほとんど違和感を覚えることはありません。

自分の歯と全く同じようにお使い頂けます。
顎の骨への影響
痩せていってしまう。

痩せてしまうこともある。

痩せない。
口腔外科手術
必要なし

必要なし

必要(1回もしくは2回)
保険適用
一部適用

一部適用

適用外
治療期間
2週間〜8週間

2週間〜8週間

16週間〜32週間

インプラント治療の特徴

メリット
  • 取り外して洗う必要がない。
  • 普段通りの食事を楽しめる。
  • 噛み合わせが安定する。
  • きれいで自然な仕上がりになる。
  • 適切なメンテナンスを続けていれば数十年使い続けることができる。
  • お口の中に違和感がない。
デメリット
  • 治療期間が長い。
  • 誰でも受けられるわけではない。
  • 保険が適用されない。
  • 治療後は、定期的なメンテナンスが必要。
インプラントの不安を解消します 院長ブログ オフィシャルサイト