矯正治療

子どもの矯正治療(小児矯正)

成長期には、乳歯から永久歯への生え替わりがありますので、それを見越した治療計画を立てる必要があります。また、歯だけでなく顎やお顔全体も成長していますので、それに合わせて「歯がきれいに並ぶ口内の環境づくり」をしていくことが重要です。

小児矯正の特徴

成長期に顎を広げるための矯正治療を行っておけば、将来歯を動かす治療が必要になったとしても、抜歯の必要がありません(お口の中が狭いと矯正治療のために一部の歯を抜かなければならないこともあります)。また、歯並びを良くすることで、しっかりと噛めるようになり、脳にも良い影響があります。

タイミング

小児矯正は、いつ、どのような治療を行うのかの見極めが重要です。早すぎても遅すぎても上手く顎の成長をコントロールできないため、しっかりと歯科医師と相談しながら、その子に合った時期に矯正治療を行うようにしましょう。

小学生の矯正治療

多くの場合、歯を動かすのではなく、顎の成長を促す矯正治療を行います。

中高生の矯正治療

15歳くらいで顎の発達が落ち着きますので、それ以降は歯を動かす矯正治療を行っていきます。

大人の矯正治療(成人矯正)

矯正治療は、子どもだけが受けるものというわけではありません。大人になっても歯を動かすことはでき、実際に年配の方でも歯並びをきれいにしたいと訪れる方はいらっしゃいます。また、矯正装置を何年もつけていることに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、現在は目立たない矯正装置や、マウスピース型の取り外し可能な矯正装置もあります。以前から歯並びが気になっていたものの、何年もそのままにしてしまっているという方は、一度ご相談に来てみませんか。

成人矯正の特徴

大人は顎の成長が止まってしまっていますが、その分、顎の骨がしっかりとしているため、そこに小さなインプラントを打ち込んで、それを支点にして歯に力を加えることができます。この方法によって安定した歯の移動や、通常は動かせない歯の移動が可能になります。また、歯の裏側に取りつけることで目立たなくする矯正方法(裏側矯正)や、前歯の一部だけを移動させる部分矯正もあります。当院では、患者さんの歯の状態とご要望に合わせて適切な治療方法をご提案させて頂きます。

インプラントの不安を解消します 院長ブログ オフィシャルサイト